DEPARTMENT OF GLOBAL BUSINESS 現代国際学部 グローバルビジネス学科

※2018年度より国際ビジネス学科を
「グローバルビジネス学科」に名称変更

グローバルなビジネスシーンで通用する「英語力」と「専門知識」で、世の中の動きをビジネスマインドを持って判断していく。

グローバル化の進行にともない、日本のビジネス現場では、世界中の国や企業、人とかかわることが、大企業はもとより中小企業においても頻繁になってきています。このような国際社会を生き抜くためには、単に英語という言語にとどまるのではなく、グローバルなビジネスシーンで通用する英語力こそが重要です。この英語力には、言語だけではなく、グローバルビジネス社会における専門知識を土台として、自らのビジネス能力と、世界で何が起こっているのかを理解し、自らの意見を発信する能力が必要となります。

国際企業をはじめ、さまざまなビジネスフィールドで活躍できる人材を外国語大学でなければできない「国際ビジネス教育」で育成する。

グローバルビジネス学科では、世界共通語としての英語を基礎に、「グローバル・リーダーズ・プログラム」によって、社会で必要となる「課題発見力・課題解決力」「提案力・説得力」「自己分析力・情報活用力」などの能力を向上させるとともに、グローバルビジネスを背景としたマネジメント系、マーケティング系、ファイナンス系、アカウンティング系の4つの分野の専門知識を融合させ、世界のビジネスをマネジメントできる人材を育てます。専門的で高度なグローバルビジネスにおいてリーダーとなりうる人材の育成を目的とした学びにより、海外と頻繁にやり取りが発生する海外部門スタッフや外資系企業などで活躍できる人材を輩出していきます。

学びの特色

教育概念図

「英語・ビジネス・多文化共生」の調和を踏まえグローバル社会に対応できるビジネスの担い手を育成

詳しく見る

次世代のグローバルビジネスのフロントランナーを育成

専門教育

「英語」+「ビジネス」+「多文化共生」の調和を考えて国際化に対応できるビジネスの担い手を育成する「専門教育」を展開。

グローバル化社会においては、相手の文化・歴史的背景を理解する「多文化理解」はもはや前提の時代に入り、それらを踏まえたうえで、議論をしていく時代です。特に、グローバルビジネスのシーンでは、国際間での分業や共生を考える時代となってきています。グローバルビジネス学科では、専門教育として、「英語」+「ビジネス」に加え、「多文化共生」を付加し、その三者の調和を考えて国際化に対応できるビジネスの担い手を育成することを主眼に置き、その達成のためのカリキュラムや教育プログラムを設置しています。

続きを読む

英語教育

問題解決を図るための「読む・書く」の力の向上を中心に、あらゆるビジネスシーンに対応できる英語運用能力を身につける。

最近のグローバルなビジネスシーンでは、コミュニケーション能力として「聞く・話す・読む・書く」のうち、「読む・書く」に重心が移ってきていると言われます。例えば、グローバル化が進む製造・流通等の各業界では、現地化が進み、人材確保も現地採用が常識となってきているため、求められるコミュニケーション能力も変化してきています。「現地での問題解決をメールで促す力」「時差を配慮・活用する力」などがその例です。特に前者の能力の社会的ニーズは高く、問題解決を図るための「読む・書く」の力は、グローバルビジネス学科の英語教育にも期待されています。もちろん、「聞く・話す」の力も備えるカリキュラムや教育プログラムを設置していますが、時代のニーズに対応した英語教育を展開しているのもグローバルビジネス学科の特長です。

続きを読む

キャリア教育

ビジネスの観点で“日本”を世界へ発信するための土台となる国際感覚を培うキャリア教育。

グローバルビジネス学科の考える「キャリア教育」とは、ひとつは日本の固有のもの、独自のものを、情熱を持って世界へ発信できる人材の育成にあります。日本の産業においては「ガラパゴス」と揶揄される製品や文化がある中で、むしろその独自性の高いガラパゴス製品や文化を世界へ提供できる人材こそ、これからのグローバル人材と考えています。また、国際ビジネスの世界でそれほど重視されてこなかった「ホスピタリティ」を身につけるカリキュラムや留学プログラムを設置することで、ビジネス社会においても、ホスピタリティの能力が真に問われる時代に順応できる人材を育成していきます。

続きを読む

news

「トヨタ・カナダオペレーション」など、独自の海外研修プログラムを実施!

国境を意識せずに仕事ができるグローバル人材育成のために、学科独自の「海外研修プログラム」を設置。トヨタ自動車(株)の輸入から現地販売まで一気通貫で学ぶ「トヨタ・カナダオペレーション」や、豊田通商(株)との提携による「オーストラリア・インターンシップ」などを実施します。実践的な仕事のプロセスを学ぶとともに日本のグローバル企業の最前線を体験します。

グローバルビジネスを直に学ぶ学外授業「ビジネスリサーチ」

グローバルビジネス学科が独自に行う学外授業を体系化した「ビジネスリサーチ」。4年間を通じて、ビジネスリサーチⅠ(地域産業研究:1年)⇒ビジネスリサーチⅡ(学外企業研究/ゼミ研究発表会:2年)⇒ビジネスリサーチⅢ(グローバルリーダー講演会:3年)⇒ビジネスリサーチⅣ(卒業論文発表会:4年)と進み、授業・テキストの世界と実社会の間の距離を認識しながらそれらを学びます。

PROGRAM グローバルビジネス学科のキャリアを意識した「現代国際学部共通プログラム」

  • “キャリア教育”の根幹となるキャリアデザイン科目
  • 各界のスペシャリストから国際社会の現実を学ぶ現代国際学特殊講義
  • 航空業界との連携授業エアライン・ホスピタリティ科目
  • 海外で学ぶ、働く、暮らすを経験する中期留学(インターンシップ留学)
  • 世界のホスピタリティを直に学び、就職につなげるUCR特別留学

PROGRAM グローバルビジネス学科のその他の「現代国際学部共通プログラム」

  • 世界の国々を深く理解するための、5つの地域研究エリアスタディーズ
  • 複数言語の使い手をめざす複言語プログラム[PLP]

STUDY ABROAD グローバルビジネス学科の「留学」

  • 高度な語学力を身につけ、専門分野をじっくり学び、将来へ結びつける長期留学
  • 世界最高水準の”ホスピタリティ”を学び、将来のキャリアに直結できるUCR特別留学
  • 海外で学ぶ、働く、生活する実践的な語学力を身につける3ヵ月間 中期留学 (インターンシップ留学)
  • 春期・夏期休暇を利用して実施する約1ヵ月間・2ヵ月間の集中コース海外研修

LICENSE & EXAMINATION 取得できる資格

教育職員免許状
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状「英語」
  • 小学校教諭二種免許状
学科の学びが活かせる資格、目標とする資格
  • 実用英語技能検定(1級・準1級)
  • TOEIC®
  • TOEFL®
  • IELTS
  • 国連英検
  • 日商ビジネス英語検定試験
  • 実用フランス語技能検定
  • TCF
  • DELF
  • TEF
  • 中国語検定
  • HSK
  • BCT
  • ドイツ語技能検定試験
  • スペイン語技能検定
  • 実用イタリア語技能検定
  • ロシア語能力検定
  • ハングル能力検定試験
  • 韓国語能力試験
  • 通関士
  • 貿易実務検定
  • 総合(国内)旅行業務取扱管理者
  • 総合(国内)旅程管理主任者(ツアーコンダクター)
  • 国内・海外旅行地理検定
  • 観光英語検定試験
  • 通訳案内士
  • 翻訳技能認定試験
  • JTA公認翻訳専門職資格試験
  • 販売士検定
  • 秘書技能検定
  • 日商簿記検定
  • 簿記能力検定試験
  • 基本情報技術者試験
  • ITパスポート試験
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト
  • 外務省専門職員
  • 国家公務員
  • 地方公務員 など

受験生サイトTOPへ

受験生サイトTOPへ

pagetopへ