DEPARTMENT OF LIBERAL ARTS AND GLOBAL STUDIES 現代国際学部 国際教養学科

国際社会において、あらゆる場面で「国際教養」=「国際社会を生き抜く力」が求められている

グローバル化の進む現代、グローバルビジネスの舞台は言うまでもなく、国際社会のあらゆる活動の場において、今、「国際教養」が求められています。国際教養とは、世界共通語としての英語を基盤に、グローバルな視野で物事をきちんと理解し、正しい対応ができ、世界の人々とホスピタリティ精神を持って接することができることです。それを身につけることで、「国際社会を生き抜く力」を手にすることができるのです。国際教養学科は、あらゆる境界を越え、世界で活躍できる人材、すなわち国際教養を身につけた人材を育成します。

国際教養を身につけ、航空・旅行・ホテルやマスコミ・ジャーナリズム、国際機関、国際ボランティアなど、グローバルな舞台へ。

国際教養学科では英語教育に加えて、「他者を理解し自己を再構築する能力を養うホスピタリティ科目を中心とするリクリエーション系、国際マインドを養うガバナンス系、情報マインドを養うリテラシー系という3つの系による専門教育」と、「エリアスタディーズ・エリアランゲージズによるエリア研究・エリア言語学習」という2つの専門を軸に学ぶ独自のカリキュラムを設置。また、さらに3つの系で学んだ内容を英語による講義で改めて学ぶ「Academic Subjects in English」という科目群を設置するなど、専門分野の知識を深めるとともに、専門分野の内容を実践的に運用できる高度な英語能力を身につけていきます。このような能力を兼ね備えることこそが「国際社会を生き抜く力」です。国際教養学科で真のホスピタリティ精神を備えることで、国際社会に対しての対応力や見識を持ち、 航空業界をはじめ、あらゆるサービス業界や、マスコミ・ジャーナリズムの世界、国際機関を含めたグローバルな舞台で活躍できる力を身につけることができます。

学びの特色

教育概念図

境界を越え、世界で活躍できる人材を育成

詳しく見る

徹底したキャリア教育を軸に、将来に向けた専門教育を行う

将来に向けた専門教育を行う

講義と演習科目の両輪によって専門性と実践力を身につける3つの系による専門教育。

グローバル社会においてかかわる相手は、自分と同じ文化的背景を持った日本人だけでなく、言語も文化的背景も異なる多国籍の人々<人間>です。相手を理解するには、相手そのものの理解に加え、相手が属している社会構造<世界>を理解する必要があります。そして、理解するための正しい<情報>を入手する必要があるのです。そこで、国際教養学科では、グローバル社会で活躍する要件を「人間・世界・情報」という3つのキーワードでとらえ、それらを“どこへ行っても対応できる力”=社会人基礎力=国際教養と考えています。つまり、グローバル社会でかかわる相手を理解するために、相手そのものと自分との関係性<人間>=「リクリエーション系」、相手の属する社会構造<世界>=「ガバナンス系」、理解するための<情報>=「リテラシー系」を体系的に学ぶのが国際教養学科の「3つの系による専門教育」です。

続きを読む

世界の地域について学ぶ

「エリアスタディーズ」「複言語プログラム」で世界各国の言語を学ぶとともに、世界の国々を深く理解する。

体系的な学びである「3つの系」に対し、具体的な言語学習や地域研究により実践的に学ぶのが「エリア研究・複言語学習」です。「エリアスタディーズ」「複言語プログラム」を設置し、第2外国語を学ぶ際に、その言語が使用されているエリアの研究も同時に行います。英語以外の言語学習、他国の文化や地域研究を通じて、言語と文化・社会的背景を併せて学ぶことが可能となり、国際教養という観点での厚みを持った学びを実現できます。

続きを読む

英語を主に語学力を徹底的に鍛える

1年次から土台づくりとしての英語教育がスタート。4年次までには専攻分野の学びを深めるための専門的な英語を身につける。

国際教養を上積みするための土台づくりとして、1年次から徹底した英語教育をスタート。そのうえで、専攻する分野の学びをさらに深めるための専門的な英語を身につけていきます。そのような段階的学習をとっているのは、英語教育と専門教育のカリキュラムを4年間という枠組みのなかで体系的に構築しているからであり、英語はあくまで“手段”であり、4年間での“目的”は自身の興味関心を持った専攻分野での探究に他なりません。

続きを読む

キャリア教育を徹底する

世界で通用するための「国際教養」を備えながら、将来のキャリアや職業へのアプローチを同時に行っていく。

国際教養学科の考える「キャリア教育」とは、まずは大学4年間で「英語力」と「多様な思考力」をしっかりと身につけることです。なぜなら、英語力と多様な思考力こそが、世界のどこへ行っても通用する力、すなわち「国際教養」であり、それを身につけることこそが、将来へつながるキャリア教育であるからです。また、それと同じく重要であると考える、将来のキャリアや職業を意識する教育プログラムを1年次より開始。就職へ直結する知識や経験を国際教養と同時に身につけることができます。

続きを読む

PROGRAM 国際教養学科のキャリアを意識した「現代国際学部共通プログラム」

  • “キャリア教育”の根幹となるキャリアデザイン科目
  • 各界のスペシャリストから国際社会の現実を学ぶ現代国際学特殊講義
  • 航空業界との連携授業エアライン・ホスピタリティ科目
  • 海外で学ぶ、働く、暮らすを経験する中期留学(インターンシップ留学)
  • 世界のホスピタリティを直に学び、就職につなげるUCR特別留学

PROGRAM 国際教養学科のその他の「現代国際学部共通プログラム」

  • 世界の国々を深く理解するための、5つの地域研究エリアスタディーズ
  • 複数言語の使い手をめざす複言語プログラム[PLP]

STUDY ABROAD 国際教養学科学科の「留学」

  • 高度な語学力を身につけ、専門分野をじっくり学び、将来へ結びつける長期留学
  • 世界最高水準の”ホスピタリティ”を学び、将来のキャリアに直結できるUCR特別留学
  • 海外で学ぶ、働く、生活する実践的な語学力を身につける3ヵ月間 中期留学 (インターンシップ留学)
  • 春期・夏期休暇を利用して実施する約1ヵ月間・2ヵ月間の集中コース海外研修

LICENSE & EXAMINATION 取得できる資格

教育職員免許状
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状「英語」
  • 小学校教諭二種免許状
学科の学びが活かせる資格、目標とする資格
  • 実用英語技能検定(1級・準1級)
  • TOEIC®
  • TOEFL®
  • IELTS
  • 国連英検
  • 日商ビジネス英語検定試験
  • 実用フランス語技能検定
  • TCF
  • DELF
  • TEF
  • 中国語検定
  • HSK
  • BCT
  • ドイツ語技能検定試験
  • スペイン語技能検定
  • 実用イタリア語技能検定
  • ロシア語能力検定
  • ハングル能力検定試験
  • 韓国語能力試験
  • 通関士
  • 貿易実務検定
  • 総合(国内)旅行業務取扱管理者
  • 総合(国内)旅程管理主任者(ツアーコンダクター)
  • 国内・海外旅行地理検定
  • 観光英語検定試験
  • 通訳案内士
  • 翻訳技能認定試験
  • JTA公認翻訳専門職資格試験
  • 販売士検定
  • 秘書技能検定
  • 日商簿記検定
  • 簿記能力検定試験
  • 基本情報技術者試験
  • ITパスポート試験
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト
  • 外務省専門職員
  • 国家公務員
  • 地方公務員 など

受験生サイトTOPへ

受験生サイトTOPへ

pagetopへ