TOPIC

多文化共生社会で複数の言語の使い手をめざす「複言語教育」を重視

今後の多文化共生の社会において、一人ひとりが環境や状況に応じて複数の言語を使い分ける“複言語”の力がますます重視されています。世界共生学科では、その社会的なニーズに対応すべく「複言語プログラム」の積極的な活用を推奨。複数の言語の使い手として広くグローバル社会で活躍できる力を養います。