世界共生学部 世界共生学科

メインビジュアル

どんな人材を育成する学科か

多文化共生社会が抱えるさまざまな課題を解決するために、アクティブに行動できる人材を育成する

日本は多文化共生時代に入りました。その現状を正しくとらえ、「世界の人たちと共に生きる」には、外国語の学習はもちろん、世界各地の政治経済、文化、社会について多くを知り、世界を複眼的に捉える力が必要です。世界共生学科では、共生に関する学問的知識を多角的に習得したうえで、「アクティブで体験型の学習」を積極的に導入し、グローバルな経験を通して、異なる文化的・社会的背景を持った人びととも一緒に協働できる素養を磨きます。そして、世界各地の人びとと絆を結び、多文化共生時代における国内外の課題解決のためにアクティブに行動できる人材を育成します。

何を学び、身につける学科か

「共生」に関する理解を深め、実際に経験しながら現場で考察する力を養う

世界共生学科では、人間・文化から政治・経済までを「共生」の観点で幅広く学び、国内外でのフィールドワークを通して多文化共生の実情を学びます。具体的には、「共生」というものをその枠組みや政治・経済といったマクロな視点と、援助の理念や人間の心理といった個々人のミクロな視点からアプローチして、その理解と専門知識を高めます。また、留学やインターンシップ、ボランティアを通して、多文化共生の実情と課題を現場で考察する力を養います。

世界の人たちと共に理想を実現するために高度な英語コミュニケーション力を備える

自分の意見で周りの人を説得し、世界の人たちと共に理想を実現するためには、高度な英語コミュニケーション力が必要です。世界共生学科では、共生に関わる題材でディスカッションやディベートをする機会を授業内に積極的に設けています。また、英語を軸として、複数の言語と複数の地域を学ぶことで、世界を複眼的にとらえる力も身につけます。

学びの特色

「専門性」を高める学科独自の専修科目

どちらかに軸足を置きながら、志向に合わせて選択して学ぶことができる 「コース科目」

「コース科目」とは、2年次から始まる学科独自の専修科目。どちらかのコースに軸足を置きながら、自分の志向に合わせて、科目を選択して学ぶことができます。

共生の枠組みづくりに欠くことのできない
国際政治や経済を学ぶ

「国際ガバナンスコース」

(2〜4年次)

このコースには、平和や民主主義などの理念を考察し、その現状を国際政治学的に捉える科目や、国際経済活動を多文化共生の実現に向けて活用できるようにするための実践的な科目が設置されています。こうした学びを通じて、自分が抱いた理想を形にする力=「理想実現力」を鍛えていきます。

特徴的な科目

  • 共生ビジネス
  • 多文化マーケティング
  • 多国間外交と平和
  • 国連の理念と活動
  • 民主化と途上国政治
  • 国際秩序と法
  • グローバル経済の未来
  • 国際公共政策演出

多文化共生に必要な
人間心理やコミュニケーションを学ぶ

「グローバル共生コース」

(2〜4年次)

このコースには、世界共生を実現するために必要となる人間関係の理解や、文明史的な変化の理解、さらには援助活動・社会活動の実務に役立つ科目が設置されています。こうした学びを通じて、世界の人びとと協力・協働していく力=「共生協働力」を鍛えていきます。

特徴的な科目

  • 多文化コミュニケーション
  • 共生の社会心理
  • 人類文化と共生
  • 未来文明と社会変動
  • 国際理解教育
  • 援助の理念と活動
  • ジェンダーと開発
  • 多文化共生計画演習

インターンシップやボランティアを通じて、国内外の多文化共生の実情と課題を現場で考察する「地域創生科目」(3・4年次)

この科目では、多文化共生や国際開発・地域開発の実情と課題を現場において地域の方々と一緒に考察する機会を設けることを目的としています。そのため、学生たちはさまざまな社会問題を「他人事」ではなく「自分事」として捉えられるようになり、「現場」での経験を積んだグローバル人材としての一歩を踏み出すことができます。

実施例(2019年度実績)

[国内]
  • 長野県南木曽町(妻籠):地域おこし
  • 岐阜県中津川市(馬籠・本町):地域おこし
  • 北海道白老町:多文化共生
[国外]
  • ベトナム(ホアビン):地域おこし
  • フィリピン(マニラ):食糧支援
  • アメリカ(ハワイ):多文化共生
画像

インターンシップやボランティアを通じて、国内外の多文化共生の実情と課題を現場で考察する「地域創生科目」(3・4年次)

世界共生学科では、文化的・地理的に近い世界の諸地域をまとめて学ぶことが、世界の今を理解するうえで重要と考え、世界を6つの「リージョン=生活文化圏」に分類。2年次にそれらを複数学ぶことで、世界を「複眼的に捉える力」を身につけます。3年次からの専門ゼミナールもリージョンが基本単位。1つの地域を専門的に研究し、その地域のスペシャリストとなります。

画像

世界中の人達に自分の意見を届けるための「グローバル・メディア科目」(1・2年次)

世界で活躍するためには、マスメディアやインターネットから情報を集めたり、それを評価したりする技術が不可欠です。「グローバル・メディア科目」では、国際情報の適切な取得・分析方法について学びます。また、世界各地の人たちとインターネットでつながり、意見を交換したり、一緒に活動したりするための情報発信技術についてもトレーニングします。

画像

「外国語運用能力」を高める学科独自の専修科目

世界の人びとと共に理想を実現するための高度な英語コミュニケーション力を身につける 「専攻言語プログラム」(1〜4年次)

世界共生学科では、自分の意見で人を説得し、世界の人びとと共に理想を実現する高度な英語コミュニケーション能力を身につけることを目的とします。そのため、担当教員が連携し、扱うテーマについては学生の意見も取り入れながら、世界情勢や共生に関して英語でディスカッションやディベートができる力を学生に備えさせます。

特徴的な科目

  • Writing & Presentation
  • Critical Reading for Global Issues
  • Argumentation & Debate
  • Discourse Analysis & Presentation
画像

TOPIC

多文化共生社会で複数の言語の
使い手をめざす「複言語教育」を重視

今後の多文化共生の社会において、一人ひとりが環境や状況に応じて複数の言語を使い分ける“複言語”の力がますます重視されています。世界共生学科では、その社会的なニーズに対応すべく「複言語プログラム」の積極的な活用を推奨。複数の言語の使い手として広くグローバル社会で活躍できる力を養います。

画像

PROGRAM 世界共生学科の「全学共通プログラム」

  • 学生4人と外国人教員1人で行うALL ENGLISHの“超”少人数授業「PUT(パワーアップチュートリアル)」
  • 英語を基盤言語とするための「英語基幹プログラム」
  • 外国人留学生とともに学び、グローバルな視点を養う英語開講授業「ジャパンスタディーズ」
  • 欧米・アジア諸国の代表言語から12言語をラインナップ。複数言語の使い手をめざす「複言語プログラム」
  • 就職・留学に必須のTOEIC® L&R・TOEFL®・IELTSのスコアアップを支援する「TOEIC & TOEFL Study Support」
  • グローバル人材に欠かせない世界のさまざまな現状・現象・事実についての知識と教養を深める「世界教養プログラム」
  • 国際感覚豊かな教員として、活躍できる人材を育成する「教職課程」

STUDY ABROAD 世界共生学科の「留学」

  • 高度な語学力を身につけ、専門分野をじっくり学び、将来へ結びつける 長期留学
  • 世界最高水準の”ホスピタリティ”を学び、将来のキャリアに直結できる UCR特別留学
  • 春期・夏期休暇を利用して実施する約1ヵ月間・2ヵ月間の集中コース 海外研修

LICENSE & EXAMINATION 取得できる資格

学科の学びが活かせる資格、目標とする資格
  • 実用英語技能検定(1級・準1級)
  • TOEIC®L&R
  • TOEFL®
  • IELTS
  • 国連英検
  • 日商ビジネス英語検定試験
  • 実用フランス語技能検定
  • TCF
  • DELF
  • TEF
  • 中国語検定
  • HSK
  • BCT
  • ドイツ語技能検定試験
  • スペイン語技能検定
  • 実用イタリア語技能検定
  • ロシア語能力検定
  • ハングル能力検定試験
  • 韓国語能力試験
  • 通関士
  • 貿易実務検定
  • 総合(国内)旅行業務取扱管理者
  • 総合(国内)旅程管理主任者(ツアーコンダクター)
  • 国内・海外旅行地理検定
  • 観光英語検定試験
  • 通訳案内士
  • 翻訳技能認定試験
  • JTA公認翻訳専門職資格試験
  • 販売士検定
  • 秘書技能検定
  • 日商簿記検定
  • 簿記能力検定試験
  • 基本情報技術者試験
  • ITパスポート試験
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト など
学科がめざす卒業後の進路・方向性
  • 民間企業海外駐在員
  • 外交・海外政策・出入国管理等の公務員
  • 国際機関職員 
  • NPO・NGO職員
  • 外資系航空会社の客室乗務員
  • ホテルスタッフ 
  • マスメディアの海外特派員
  • 国際イベントコーディネーター など

受験生サイトTOPへ

受験生サイトTOPへ

pagetopへ