NUFS 名古屋外国語大学 受験生サイト

就職者の声

法務省 出入国在留管理庁

国際化の光と影を学び、世界と日本を見つめた4年間。今後は日本の治安維持に努め、誰もが安心できる社会を築きたい。

現代国際学部  国際教養学科

国際教養学科では、経済や人権などの分野を中心に学びを深めました。こうしたガバナンス系の領域において、世界は連携を強めているけれど、問題も多い。授業の中でその現状を知るだけでなく、授業後も自分が考えたことについてさまざまな分野の教員と意見を交わしました。その時間がとても楽しく、世界に対する興味がますます広がったので、ゼミナールでは、途上国の人に日本の技術を伝える技能実習生の問題について研究しました。その際、日本で過酷な労働を強いられ、逃げ出し、結果的に悪事に手を染める外国人がいることを知り、どうにかしたいと考えたのが、入国警備官をめざした理由です。入庁後は、英語や、複言語で学んだインドネシア語を活かしながら、日本の治安維持はもちろん、過酷な環境に置かれている外国人を一人でも減らすことができるように尽力したいです。(2020年3月取材)

画像