NUFS 名古屋外語大学 受験生サイト

就職者の声

岡谷鋼機株式会社

留学で身につけた積極性、プレゼンテーションの授業で
身につけた「伝える力」が、大学で得られた成長の証です。

外国語学部 世界教養学科
※2019年4月 世界教養学部 世界教養学科に改組

冨原 萌香さん

  • ●留学 : 海外研修/オーストラリア
    ワーキングホリデー/オーストラリア
  • ●資格 : TOEIC®:615点
    TOEFL®:487点

大学で印象に残っているのは、プレゼンテーション。4年間を通して英語でプレゼンテーションする機会が何度もあり、単に発表内容をまとめるだけでなく、どのような英語で、どのように話せば人に伝わるのかを意識して話すことができるようになりました。人前でも平常心で話す力も身についたと思います。海外へは、2年次と3年次にオーストラリアへ行きました。1回目は所属する学科の海外研修です。留学先大学の語学コースを受講しながらホームステイを経験。1ヶ月間でしたが、自分から話しかける積極性が身につきました。2回目は、ワーキングホリデーとして渡航したため、自分で住む家を探すところから始めて、契約や銀行口座の開設なども経験し、自立して生活する力が養われました。
内定先は海外との取引も多い商社。世界教養学科で身につけた国際的な感覚を活かした仕事ができればと思っています。働きながら資格を取得し、その資格を元に新たなキャリアに挑戦していくのも自分らしい生き方だと考えています。
(2022年1月取材)

画像