名古屋市公立中学校(国語教諭)

先生とたくさんの言葉を交わし「国語って楽しい」と感じてほしい。

外国語学部 日本語学科 渡邉 諒子さん

  • ●資格 : 中学校・高等学校教諭一種免許状 「国語」

必ずしも答えが一つではないため、特に小・中学校の授業では「対話」が重視されている国語。模擬授業、教育法などの教職課程はもちろんですが、日本語学科のコース科目も指導における「対話力」を鍛える場となりました。例えばディベートの授業では、エネルギー問題や美容整形といったテーマについてグループで討論。どんな内容を、どれくらいのテンポで話すか。聞く姿勢、相槌や質問を挟むタイミングのほか、相手が興味を示す表現方法についても学びました。これを実践できたのが教育実習です。小説の主人公の気持ちを描いた私のイラストに注目が集まったところで「みんなはどう思う?」と質問を投げかけ、教室全体で話し合うきっかけをつくることができたのです。卒業後も、私との対話を通じて国語の楽しさを感じられるような授業を目指したいと思っています。(2015年2月取材)