NUFS 名古屋外国語大学 受験生サイト

就職者の声

DMG森精機株式会社 勤務

自社のビジネスの効率化、健全化を推進する内部監査。グローバル企業では、全世界の拠点が対象です。

内部監査部 現代国際学部 現代英語学科 卒

  • ●留学 : UCR特別留学/アメリカ

※掲載内容は2020年3月現在の情報です。

画像

国内・海外の全拠点・部署と連携しながら、各業務を可視化し、会社をより良くする仕事。

私の所属する内部監査部は、社内の業務を調査・分析し、必要があれば改善・提案する部門です。そのなかで私は、上場企業に義務付けられた「J-SOX(内部統制報告制度)」を担当し、業務の効率性や財務報告の信頼性、法令等の遵守、資産の保全といった観点から、全部署における業務のルールや仕組みづくりと、その管理・運用を行っています。当社はグローバルに事業を展開する工作機械メーカーであり、J-SOXの対象には海外の全拠点が含まれるので、英語を共通言語とした電話やメールは日常茶飯事。入社2年目からは毎年海外に出張し、聞き取り調査なども行っています。そうして毎年作成する「内部統制報告書」は広く社会に公開され、当社の企業価値をはかる材料になりますから、大きな責任を感じます。今後も国内外の全拠点と連携しながら適切に内部統制を進め、社員にも、社会にも支持される会社づくりをめざします。

興味あることに挑戦し、可能性を広げた大学時代。UCR特別留学では向上心や積極性が身についた。

好きな英語を仕事にできたらと、大学時代は英語力を高めるのに加え、映画翻訳やサービス演習など、さまざまな分野につながる学びを深めました。大きな転機となったのは、2年次にアメリカのリゾートホテルでインターンシップを行った「UCR特別留学*」です。当初は語学力もホテルの知識も未熟な状態でしたが、同僚やゲストとの会話のフレーズや、施設の情報など、日々得たことをノートに書き留め、自分からコミュニケーションをとるよう心がけた結果、「ロビーアンバサダー」として各国のゲストに認められ、お手紙やチップを頂けるまでに。また、さまざまな国出身の同僚たちとも、互いを尊重しながら信頼関係を築くことができました。この経験を通して得た向上心や挑戦心、知らない世界でも動じない積極性、周囲と協力体制を築くスキルは今、各国のスタッフと協働しながら主体的に仕事を進める土台となっています。
*現在はウォルトディズニーワールドリゾートでの有給実習を含む「ディズニー国際カレッジコース」のみ実施

未知の世界にも興味を持って飛び込む。挑戦心の先に出会った、グローバルな仕事。

就職活動を始めた当初は、「英語を活かす仕事=観光や航空業界」という固定観念があったのですが、ふと「ほかに可能性はないのだろうか?」と思い、キャリアサポートセンターに相談したのが当社を知ったきっかけです。調べてみると、工作機械メーカーは、私たちが毎日使うさまざまなモノを生み出す身近な存在で、なかでも当社ではグローバルなビジネス環境があるとわかり、入社を決めました。当社には、海外営業やショールーム、そして内部監査など、世界とつながるさまざまな業務があります。私は当初、監査業務の難しさに戸惑いましたが、知識が備わるにつれ、面白さとやりがいを感じるようになりました。英語力を活かしながら成長できる仕事は想像以上にたくさんあるので、後輩の皆さんも、多様な業界を見渡す広い視野や、新しいことを学び取る向上心を養い、夢中になれる仕事を見つけてほしいと願っています。

画像