外国語学部 日本語学科

日本語を世界の言語のひとつととらえ、グローバル社会に通用する日本語力と英語力を磨く。

日本語学科では、日本語を「国語」ではなく「世界の諸言語のひとつ」として客観的にとらえます。そのうえで、実践的な日本語運用を少人数のクラスで徹底的に訓練します。世界共通語としての「英語」学習は、そのための“鏡”でもあります。特に、社会人として必要不可欠な要件となる論理的な文章力の向上を図り、相手の理解度を把握しながらコミュニケーションができる“対人能力”を磨くカリキュラムを用意しています。そのため、学生たちは入学後4年間で「日本について世界について問題意識を持ちながら理解を深められる」「相手の立場に立って考えられる」「情報や意見を論理的に構成できる」「正しくわかりやすい美しい言葉で話せる、書ける」「状況に応じて柔軟に対応できる」「初対面の人にインタビューできる」「壇上でプレゼンテーションできる」といった力を身につけていきます。また、「学部共通英語基幹プログラム」に加え「複言語プログラム」で英語を必修とし、高い英語力を習得するために、外国人教員による徹底指導を実現しているのも、日本語学科の特色です。

日本語教師、国語・英語教員やマスコミ、放送、翻訳、編集業界などで活躍できることばのプロフェッショナルに。

日本語・英語を同等に使い、コミュニケーションができる“対人対処能力”を身につけることを第一にめざします。また、「日本についての豊富な知識を得る」「日本語教育のプロフェッショナルになる」「マスコミ、放送、翻訳、編集業界で活用できる日本語力を備える」「言語教育のできる教員になる」などの目標に対応したカリキュラムと科目内容を、さらに充実させています。

日本語や日本文化を世界の視点で学び、「問題把握」「論理的思考」「表現」「伝達」「説得」の能力を養う。

海外では、アニメやJ−POPなどの現代日本文化を入口に、《日本語》を学んでビジネスや生活につなげていく人々が増えています。こうした人々の関心に応えるべく、日本の文化や歴史について改めて学んでいくと、その奥深さや多様さに驚かされます。それは、今ここにいる私たち自身のルーツや背景を知ることでもあるのです。異文化に向き合おうとするなら、まず自国のことやことばを客観的に理解したうえで、日本や日本人について正しく説明し伝えられる力を養うべきなのです。

学びの特色

卒業後に国際社会で活躍するために、英語力とともに“日本語力”のさらなる強化を図ります。

国内・国外を問わず、国際社会で活躍する人に求められるのは、“コミュニケーション能力”です。“ことば”というものを適切に使いこなすことによって、自分を表現し、他人を理解することができれば、社会はもっと効率的で快い場所になっていくはず。そのためには、母語である日本語をよく知り、その特性を活かして、他人との関係を結んでいくことができなければなりません。母語を活用して他人と通じ合う力があってはじめて、英語を始めとする外国語の力も活かすことができるのです。日本語学科では、日本語とともに英語を駆使して国際社会で活躍するための教育に力を入れています。そして、その方向をさらに強化した新しいカリキュラムを2012年度から導入しています。

専門ゼミナール(テーマ抜粋)

  • 音声による言語伝達
  • さまざまな日本語
  • 場面によることばの使い分け
  • 外国語としての日本語書きことば教育
  • 国内外国人住民への日本語教育
  • 国内各地域の方言・言語文化

卒業論文タイトル(抜粋)

  • 日本語母語話者の雑談にみられる笑いの男女差  〜コミュニケーション機能の観点から〜
  • 読みやすい文体に関する一考察
  • 司馬史観における新選組への一考察  〜子母澤寛の記録の比較から
  • 日本語母語話者の書き言葉と話し言葉における文の連接  〜「んだけど」、「が」、「で」を中心に
  • 学習者の条件表現に関わる誤用と日本語教科書の説明について
  • 日本人児童の国際感覚に関する意識調査
  • 若者言葉の留学生による使用・習得・ニーズと日本語教育への導入
  • 群馬県伊勢崎市の多文化共生の実現にむけて  〜日本人の外国人理解を中心に〜

PROGRAM 日本語学科の「外国語学部共通プログラム」

  • 世界のさまざまな現状・現象・事実についての知識と教養を深める世界教養プログラム
  • 学科の学びの基盤となる言語を徹底習得するための専攻言語プログラム
  • 11の言語を学びながら文化の多様性も学ぶ複言語プログラム
  • すべての学科で英語を基盤言語とするための学部共通英語基幹プログラム[CELP]
  • 「外国語能力」「世界に通じる教養」それら両方を高めるための土台作りを図る学部共通アカデミックスキルズプログラム[CASP]

STUDY ABROAD 日本語学科の「留学」

  • 高度な語学力を身につけ、専門分野をじっくり学び、将来へ結びつける長期留学
  • 春期・夏期休暇を利用して実施する約1ヵ月間・2ヵ月間の集中コース海外研修

LICENSE & EXAMINATION 取得できる資格

教育職員免許状
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状「国語」
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状「英語」
  • 小学校教諭二種免許状

日本語学科では「国語」と「英語」の教員免許状が取得できます。

詳しく見る

名古屋外大のめざす国語教員とは、日本語を「国語」ではなく、「世界の諸言語のひとつ」として客観的にとらえられる教員です。つまり、日本語および英語運用能力を備え、他言語との比較ができるため、“国語”をさまざまな切り口でとらえられる、ひと味違う“国語教員”と言えるでしょう。
※中学校・高等学校教諭一種・二種免許状「国語」、中学校・高等学校教諭一種免許状「英語」、
 中学校教諭二種免許状「英語」に加え、小学校教諭二種免許状も取得可能です。

詳しく見る

学科の学びが活かせる資格、目標とする資格
  • 日本語教育能力検定試験
  • 日本語文章能力検定
  • 実用英語技能検定(1級・準1級)
  • TOEIC®
  • TOEFL®
  • IELTS
  • 国連英検
  • 日商ビジネス英語検定試験
  • 実用フランス語技能検定
  • TCF
  • DELF
  • TEF
  • 中国語検定
  • HSK
  • BCT
  • ドイツ語技能検定試験
  • スペイン語技能検定
  • 実用イタリア語技能検定
  • ロシア語能力検定
  • ハングル能力検定試験
  • 韓国語能力試験
  • 通関士
  • 貿易実務検定
  • 総合(国内)旅行業務取扱管理者
  • 総合(国内)旅程管理主任者(ツアーコンダクター)
  • 国内・海外旅行地理検定
  • 観光英語検定試験
  • 通訳案内士
  • 翻訳技能認定試験
  • JTA公認翻訳専門職資格試験
  • 販売士検定
  • 秘書技能検定
  • 日商簿記検定
  • 簿記能力検定試験
  • 基本情報技術者試験
  • ITパスポート試験
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト
  • 外務省専門職員
  • 国家公務員
  • 地方公務員 など

受験生サイトTOPへ

受験生サイトTOPへ

pagetopへ