中国語

中国語は、世界で一番話されている言語のひとつです。なぜなら中国語は世界の人口の約4分の1が暮らす中国で話されているのに加え、台湾・シンガポール・マレーシアなどの東南アジア諸国をはじめ、世界に広がる約2千万人の中国人社会で用いられているからです。世界で多くの人々に話されている中国語は、国連の公用語のひとつにも選ばれています。

日本国内で、中国語を耳にする機会はどんどん増えています。日本の主要な観光地を歩けば、中国や台湾からやって来た旅行者を必ず見かけます。駅や空港はもちろん、ホテル、レストラン、ショッピングエリアでも中国語が飛び交っています。日本の温泉が大好きで、毎年のように日本を訪れるという中国人も急増中です。本学の学生の中には、アルバイト先のお店で、中国語ネイティブのお客さんに中国語で対応したら、とても喜ばれたという人も少なくありません。授業で学んだ中国語を活かす機会は、あなたのすぐ近くにあります。

いま日本の各地では、中国語が話せる人材が求められています。中国語をマスターして、未来を切り開く役立つスキルを手に入れましょう。

日本人には、学びやすい中国語

中国語には、日本語と共通する語彙がたくさん含まれています。「外国」「音楽」「商店」などの単語も、発音を覚えれば、そのまま中国語会話のなかで使うことができます。中国語は漢字を使って表記されます。漢字を見れば、それがどんな意味を持つ言葉か、判断できる例もあります。「電脳」という言葉を、どこかで見たことはありませんか? 「電脳」は電気で動く脳、つまり「コンピュータ」を意味する中国語です。このように中国語は日本人にとって学びやすい言語です。

複言語プログラムにおける
中国語学習について

複言語プログラムの中国語は、実用的な語学力を身につけることを目標とします。教科書は、大学生のキャンパスライフと日常生活のなかで使われる語彙と表現を学ぶのに役立つものを使います。日常生活の中で頻繁に使うフレーズを、聴いて話せるようになりましょう。初級は発音と文法、会話の基礎を学び、中級・上級は会話力を高めつつ読解力の向上をめざします。語彙については、まず初級で最も基本となる約500語、中級でさらに約500語の習得を目標とします。上級では、初級と中級で学んだ1000語の語彙を使いこなせるよう、応用力を身につけます。3年間、複言語プログラムの中国語を真剣に履修し、1000語以上の語彙を獲得できれば、中国語検定3級合格も夢ではありません。「中国語基本の1000語」をマスターし、中国語ネイティブと会話を楽しみましょう!

中国語学習者にお勧めの
図書・映画・音楽

お勧め図書

映画やTVドラマで人気の『三国志』『西遊記』を観た人は、原作も読んでみて下さい。

中国人の価値観を知るには、まず何と言っても『論語』から。『論語』は今も中国人社会で広く親しまれ、中国・台湾の国語科目の中で、必須教材となっています。中国語の日常会話の中でも、『論語』の中のフレーズが頻繁に登場します。みなさんも、『論語』は高校の授業で学んだと思いますが、原作には多彩な内容が詰め込まれています。日本語訳もたくさん出ているので、一度手に取ってみて下さい。あなたの心に響く言葉と出会うことでしょう。

中国文化全般について知りたい人には、『貝と羊の中国人』(加藤徹 新潮新書169)を、現代中国の事情を知るには、『中国は、いま』(国分良成編 岩波新書1297)を読んでほしいと思います。中国に関心がある人、複言語で学んだ中国語を将来のキャリアの中で活かしたい人には、役立つ内容が書かれています。台湾に関心がある人には、『路(ルウ)』(吉田修一 文春文庫)をお勧めします。台湾初の新幹線建設に奮闘した人々の姿が温かいまなざしで描かれています。

お勧め映画

映画作品では、『さらば、わが愛/覇王別姫』(監督:陳凱歌)をお勧めします。この作品は、日中戦争や文化大革命を背景に、時代の波に翻弄される京劇役者の青春が鮮烈に記されています。『狙った恋の落とし方』(監督:馮小剛 中国語原題『非誠勿擾』)は、日本の北海道を舞台に演じられる恋の物語。中国では、この映画がヒットした後、北海道旅行が大きなブームとなりました。台湾映画では、『KANO:1931海の向こうの甲子園』(監督:馬志翔)を推薦します。1931年、台湾から甲子園野球大会に出場した嘉義農林学校野球部のお話を、史実に基づいて描いています。

中国語学習者にお勧めの
参考辞書

  • ● 中日大辞典-第三版(大修館書店)
  • ● 中日辞典(講談社・小学館)
  • ● 中国語辞典(白水社)
  • ● 日中辞典(講談社、小学館)

※電子辞書の場合も、以上いずれかの辞書が採用されているものを推奨します。

Other Languages その他の言語を見る

pagetopへ