NUFS 名古屋外国語大学 受験生サイト

現代国際学部

現代英語学科

DEPARTMENT OF ENGLISH AND
CONTEMPORARY SOCIETY

世界基準の英語力と対話力のあるグローバル人材をめざす

グローバル基準の英語力とともに
コミュニケーション力を習得。
国際社会のさまざまなシーンで活躍できる
グローバル人材を育成します。

学びの特色

01

「専門性」
を高める専修科目

キャリアにつながる教養教育と
専門教育を体系的に学ぶ。

現代英語学科では、グローバルな英語力・コミュニケーション力を高めるため、1・2年次には学部共通科目と連携しながら基本的な専門科目を、そして3・4年次でより多様なアプローチで英語力・コミュニケーション力を深めるために発展的な専門科目を配置し、大学生活の集大成となる「卒業研究」へとつなげていきます。

詳しくみる

グローバルなキャリアへとつながる、英語を中心とした「教養教育」と「専門教育」

現代英語学科では、キャリアにつながる教養教育と専門教育を同時に行います。科目ごとに学ぶ分野やアプローチの仕方は異なるものの、社会で必要となる「考える力」「判断力」「表現力」「発信力」「問題解決力」などを伸ばすという教育理念はどの科目も共通です。学びの分野は、「国際関係・環境・テクノロジー」「メディア・言語・翻訳」「文化・思想・芸術」「教育・心理・社会」などがあり、英語を通じて多彩な分野の教養教育と専門教育を提供します。

英語の実践力の土台となる
現代社会に通じる知識と教養を磨く

「現代英語教養科目」

<2~4年次>

現代英語学科では、言葉に関する知識や教養を深めることが、英語の実践力の土台づくりにつながると考えています。「現代英語教養科目」では、現代日本社会を理解するうえで必須と考える分野を幅広く学習することで、現代社会に通じるグローバルな知識と教養を磨き、それらを活かすための英語力の向上を図ります。また、この科目を通して自分の興味・関心に向き合い、3・4年次の専門探究につなげていきます。

特徴的な科目

▼English for World-Historical Perception
文明史/英語のなりたち/Culture and Society
▼English for Contemporary Society
言語と社会/Cultural Studies

英語の実践力を養成するために
実社会に通じる専門性の高い英語を学ぶ

「現代英語専門科目」

<1~4年次>

英語の実践力養成を目的とする「現代英語専門科目」では、クリティカル・シンキングやアカデミックなライティング、コミュニケーションスキルとともに、実社会の特定の分野で用いられている専門性の高い英語を学ぶことができます。例えば、航空、教育、メディアなどの専門領域に特化した科目を、めざすキャリアに合わせて選択することで、高度な英語力と実社会に即した専門知識を同時に獲得していきます。

特徴的な科目

▼English for Critical Thinking
Critical Thinking/Critical Reading/Intercultural Communication/Communication Skills
▼English for Skills in Expression
Advanced Writing & Presentation/Creative Writing(Tri-Partite Narrations)/English in Mass Media/English in Education/English for Specific Purposes

自分で選んだひとつの分野を
高度な英語力を駆使して専門的に研究していく

「セミナープログラム」

<1~4年次>

現代英語学科の「セミナープログラム」は、「現代英語総合演習(1~2年次)」「専門書講読(3年次)」「卒業研究(4年次)」の順に構成されており、2年次の後半から4年次まではひとりの教員の下で専門研究を進めていきます。「専門書講読」では、自分で選んだひとつの分野の専門書を英語で読むことで、専門知識と高度な読解力を磨きます。「卒業研究」では原則、英語で論文を作成し、最終的な成果とします。

02

「外国語運用能力」
を高める専修科目

現代社会のさまざまな事象と共に
英語を学び実践的な英語力を
身につける。

「英語」を世界共通語としてとらえ、現代社会で起きているさまざまな事象とともに学ぶことで、実社会に即した専門知識とともに、実践的な英語力の強化を図ります。

詳しくみる

現代日本社会で起きているさまざまな事象について
英語で考え、英語で学ぶ

「Lecture in English」

<1~3年次>

外国人教員が担当する英語開講授業「Lecture in English」は、現代日本社会で起きているさまざまな事象について、英語で考え、英語で学ぶ授業です。思考との結びつきの強いリーディングとライティングを重視することで、自然とクリティカル・シンキングを身につけていくことができます。また、ネイティブスピーカーとのやり取りの中で、リスニング、スピーキング、ノート・テイキングなどの力を体験的に強化していきます。

特徴的な科目

English Essentials/Cross-Cultural Studies in English

03

学科独自の取り組みや
プログラム

1年次に行う海外研修や
英語学習の習慣化を通して
全体的な英語力の向上につなげる。

実践的な異文化コミュニケーション体験として、1年次の夏に学科独自の「海外研修」を実施します。また、航空業界を志望する学生のために「セネカカレッジプログラム」(全学開放)を主催しています。さらに、英語学習に特化した「モバイル・ラーニング」の導入や、ボキャブラリービルディングの「ボキャチャン」の実施によって、全体的な英語力の向上につなげます。こうした学科独自の取り組みやプログラムによって、卒業生は国際的な場面で英語を使った活躍をしています。

詳しくみる

1年次の夏に実施することでその後の英語学習と
長期留学への意欲を高める学科独自の

「海外研修」

<1年次>

学科独自の海外研修「現代英語交流プロジェクト『QUEST』」では、約1ヵ月間、アイルランドにて語学研修を行います。イタリア、スペイン、ブラジルといった世界各国からの留学生で構成される国際クラスにて本格的な英語を学んだり、日本の文化を発信(プレゼンテーション)する経験を積んだりします。1年次の8月という、入学して間もない時期に海外研修を実施する理由は、大学生活の早い段階での海外経験が、学生たちの英語に対する学習意欲やその後の長期留学へのモチベーションを高める効果があるからです。実際、長期留学のための語学試験において、海外研修を経験した多くの学生が飛躍的なスコアアップを果たしています。

セネカカレッジ(カナダ)のエアライン教員による
集中プログラム

「セネカカレッジプログラム」

<1~4年次>

本学の「航空サービス留学」の留学先であるセネカカレッジ(カナダ・トロント市)から直接、エアライン専門の教員を本学に招聘し、留学プログラムの授業の一部を本学にて集中講義形式で受講できる特別プログラムを現代英語学科が主催しています(全学科対象)。現代英語学科では、航空業界に関心をもつ学生が多いことから、日本にいながら海外の航空業界に関する授業を英語で学ぶことができる機会を設けることで、グローバルなエアライン経験を後押ししています。

学科で取り組む英語力向上プログラム

「モバイル・ラーニング」+「ボキャチャン」

<1~2年次>

留学先で勉強するにも、国際的に活躍するにしても、確実な英語力が必要です。そのため、学科独自の取り組みとして英語学習の習慣を身につける「モバイル・ラーニング」と語彙増強プログラムの「ボキャブラリー・チャンピオンシップ(通称ボキャチャン)」を実施しています。「モバイル・ラーニング」はその名の通り、スマートフォンやPCを利用して“毎日”英語に触れる機会を作るプログラムで、「ボキャチャン」は毎月1回、英単語の語彙力を競うコンテストを行い、明確な目標をもって語彙増強をめざすプログラムです。これら2つを1・2年生でしっかり取り組み、学科生全員が確実な英語力を身につけることをめざしています。

将来

確かな英語力が開く、
さまざまな世界への道。

英語力は幅広い業界・業種への就職に役立ちます。卒業生は国際的な場面で英語を使って活躍しています。

内定者からの
メッセージ

日本通運株式会社

前田 歩美さん
<現代国際学部 現代英語学科>

「社会や人の役に立ちたい」。強い意志から将来を模索。私なりの答えが物流業界でした。
詳しくはこちら

取得できる資格

教育職員免許状

- 中学校・高等学校教諭一種免許状「英語」
- 小学校教諭二種免許状

教職課程

目標とする資格

実用英語技能検定(1級・準1級)/TOEIC® L&R/TOEFL®/IELTS/国連英検/日商ビジネス英語検定試験/実用フランス語技能検定/TCF/DELF/TEF/中国語検定/HSK/BCT/ドイツ語技能検定試験/スペイン語技能検定/実用イタリア語技能検定/ロシア語能力検定/ハングル能力検定試験/韓国語能力試験/通関士/貿易実務検定/総合(国内)旅行業務取扱管理者/総合(国内)旅程管理主任者(ツアーコンダクター)/国内・海外旅行地理検定/観光英語検定試験/通訳案内士/翻訳技能認定試験/JTA公認翻訳専門職資格試験/販売士検定/秘書技能検定/日商簿記検定/簿記能力検定試験/基本情報技術者試験/ITパスポート試験/マイクロソフト オフィス スペシャリスト/外務省専門職員/国家公務員/地方公務員 など