NUFS 名古屋外国語大学 受験生サイト

世界教養学部

世界教養学科

DEPARTMENT OF WORLD LIBERAL ARTS

世界に存在するさまざまな価値観や視点に触れ、
急速に変化する世界を生き抜くことができる人材をめざす。

人文学と社会科学を切り口に、国や地域に限定せず世界を包括的に理解。
英語のみならず複数の言語の習得にも力を入れ、国や世代を超えて通用する教養を備えた人材を育成します。

学びの特色

01

「専門性」を
高める専修科目

世界諸地域に関する広く深い知識と
それらを日本に還元する力を養う。

世界教養学科では、世界諸地域の文化、文学、社会、歴史に関する基礎的および専門的な知識と、これらの知識を日本に還元する力を、「世界教養ブリッジ科目」、さらには「ワールドスタディーズコース」「グローバルスタディーズコース」双方のコース科目などで総合的に修得します。そして、「専門ゼミナール」での専門研究や、4年間の集大成となる「卒業論文」を通して、より深く専門性を養います。

詳しくみる

世界と日本のさまざまな教養を広く学び、
2年次から始まる専門的なコース科目に備えるための

「世界教養ブリッジ科目」

<1年次>

世界教養学部の両学科の特性を活かし、世界と日本を双方向に学ぶことができるブリッジ方式の特別プログラム「世界教養ブリッジ科目」を設置。その主な目的は、「文学・文化・美術・音楽・民族・宗教・政治・経済・歴史」といったさまざまなテーマの教養を1 年次に広く学ぶことで、学生に興味・関心を持ってもらうこと。2年次から始まる「コース科目」などの発展的学習において、学生自身が何を探究していきたいか考えるきっかけとなるプログラムです。

特徴的な科目

世界の文学と文化/世界の美術と音楽/世界の民族と宗教/世界の政治と経済/日本の歴史と文化/国際文化としての日本/日本の政治と経済

どちらかに軸足を置きながら、志向に合わせて選択して学ぶことができる 「コース科目」

「コース科目」とは、2年次から始まる学科独自の専修科目。「世界教養ブリッジ科目」において発見した自分の興味・関心の方向性を元に、どちらかのコースに軸足を置きながら、自分の志向に合わせて科目を選択して学ぶことができます。

長年受け継がれてきた文化的な営みを
さまざまな地域と時代にわたって学ぶ

「ワールドスタディーズコース」

<2~4年次>

世界の文化・文学・芸術などの人文系のテーマを総合的に学ぶコースです。具体的には、世界の文学・美術・音楽・映画・メディアといった脈々と受け継がれている文化的な分野の教養をさまざまな地域と時代にわたり、じっくりと考えながら学んでいきます。

特徴的な科目

ワールドスタディーズ/文学と翻訳/英語の文学/芸術と社会/表象文化と批評/映画とメディア/ワールドカルチャーズ

刻々と変化していく社会的な事象を
国境を越えて地球規模で学ぶ

「グローバルスタディーズコース」

<2~4年次>

人間・社会・文明などの社会系のテーマを総合的に学ぶコースです。具体的には、人間と社会、政治・経済、自然環境、宗教、ジェンダーといった、刻々と変化していく事象を追いかけながら、その理解の仕方を学び、幅広い教養と批判的思考力を磨きます。

特徴的な科目

グローバルスタディーズ/東アジアと世界/グローバル共生/心の科学/文明と宗教/ジェンダーとエスニシティ/地域振興とツーリズム

02

「外国語運用能力」
を高める専修科目

獲得した教養や専門性を
自分の言葉で発信できる
言語運用能力を磨く。

世界共通語である“英語”を基盤とし、「専攻言語プログラム」「複言語プログラム」を通して、英語と複言語による高い外国語運用能力の強化を図ります。

詳しくみる

身につけた幅広い教養と高い専門性を
自分の言葉で発信できる英語力を磨く

「専攻言語プログラム」

<1~4年次>

世界教養学科では、「世界教養ブリッジ科目」や2つの「コース科目」などで身につけた幅広い教養と高い専門性を、自身の中だけに留めるものではなく、自分の言葉として“ 発信すべきコンテンツ”として捉え、専攻言語である英語の「Grammar」「Reading」「Writing」の科目に加え、「Oral Presentation」を4年間必修にして、発信力の強化を図っています。

特徴的な科目

English Grammar & LA Reading/English Structure & LA Reading/Academic Writing/Oral Presentation/Advanced English Grammar & LA Reading/Advanced English Structure & LA Reading/Advanced Oral Presentation

PICK UP

「Oral Presentation」

英語での発信力向上を目的に、4年間、必修科目として設置。1年次から基本的な英語のスピーキングとプレゼンテーションのスキルを学び、発音と発言を練習して、段階的に口頭でのコミュニケーションスキルを向上させていきます。そして、4年次には効果的なスピーチのスキルを学び、実践力を身につけます。

03

学科独自の取り組みや
プログラム

学科独自の特長的なプログラムで
将来に向けたイメージをつかむ。

学科独自の特長的なプログラムである「世界人材育成プログラム」では、学生のキャリア意識と問題意識を高めます。また、学科の特性に基づいて実施する「海外研修」では、オーストラリアやフィリピンの大学にて、多文化共生や社会開発について学びます。

詳しくみる

キャリア意識と問題意識を高める

「世界人材育成プログラム」

<2~4年次>

「世界人材育成プログラム」は、映画監督や人間国宝の能楽師、世界各国の大使館関係者、海外特派員など、各界のスペシャリストから国際社会の現実を学ぶ「グローバルキャリア講義」と、観光・スポーツ・医療・法廷分野の通訳の基礎を学ぶ「国際通訳」の2つの科目で構成され、それぞれを受講してキャリア意識と問題意識を高めます。

特徴的な科目

グローバルキャリア講義/国際通訳(基礎)/国際通訳(応用)

現地の大学で社会問題に関する
特別授業を履修する学科独自の

「海外研修」

世界教養学科では、海外研修先として2ヵ国2大学を設定。オーストラリアのマッコーリー大学では、英語研修だけでなく、現地の学生が受ける「学部授業」を聴講。多文化共生が進むオーストラリアの課題などを学びます。また、フィリピンのアダムソン大学では、貧困地域の幼稚園、小学校等でのインターンシップや特別授業を通して、社会開発の問題に現場で取り組みます。

海外研修先(2019年度実績)

マッコーリー大学(オーストラリア)/アダムソン大学(フィリピン)

将来

身につけた世界の知見を、
将来に役立てる。

世界と対話できる外国語運用能力と教養を併せ持つ人材は、国内外の幅広い業界での活躍が期待されます。

内定者からの
メッセージ

楽天株式会社

石川 栞さん
<世界教養学部 世界教養学科>
※新学部名称にて記載

臆せずネイティブと会話できるなんて自分でも予想外。これからも業務で英語を使いさらに力を伸ばしたい。
詳しくはこちら

内定者からの
メッセージ

株式会社一条工務店

吉竹 清さん
<世界教養学部 世界教養学科>
※新学部名称にて記載

プレゼンテーションで培った人を楽しませるスキル。営業の業務に活かして少しでもお客さまに近づきたい。
詳しくはこちら

内定者からの
メッセージ

第一実業株式会社

中村 彩音さん
<世界教養学部 世界教養学科>
※新学部名称にて記載

系の私でも英語と経営学でモノづくりに貢献できる。商社の一員として海外でも活躍してみたい。
詳しくはこちら

内定者からの
メッセージ

スズキ株式会社

渡邊 遥菜さん
<世界教養学部 世界教養学科>
※新学部名称にて記載

好きなテーマを追究し続け、納得いくまで深めた教養。何事にもこだわる姿勢を自動車メーカーでも発揮したい。
詳しくはこちら

取得できる資格

教育職員免許状

- 中学校・高等学校教諭一種免許状「英語」
- 小学校教諭二種免許状

教職課程

目標とする資格

実用英語技能検定(1級・準1級)/TOEIC®/TOEFL®/IELTS/国連英検/日商ビジネス英語検定試験/実用フランス語技能検定/TCF/DELF/TEF/中国語検定/HSK/BCT/ドイツ語技能検定試験/スペイン語技能検定/実用イタリア語技能検定/ロシア語能力検定/ハングル能力検定試験/韓国語能力試験/通関士/貿易実務検定/総合(国内)旅行業務取扱管理者/総合(国内)旅程管理主任者(ツアーコンダクター)/国内・海外旅行地理検定/観光英語検定試験/通訳案内士/翻訳技能認定試験/JTA公認翻訳専門職資格試験/販売士検定/秘書技能検定/日商簿記検定/簿記能力検定試験/基本情報技術者試験/ITパスポート試験/マイクロソフト オフィス スペシャリスト/外務省専門職員/国家公務員/地方公務員 など