NUFS 名古屋外国語大学 受験生サイト

外国語学部

中国語学科

DEPARTMENT OF CHINESE STUDIES

高度な中国語運用能力と中国語圏に関する豊かな教養で、
アジア、そして世界で活躍できる人材をめざす。

実践的な中国語運用能力とともに中国語圏の文化や社会に関する知識と教養を獲得。
中国語と英語を駆使しながらグローバルに活躍できる人材を育成します。

学びの特色

01

「専門性」を
高める専修科目

中国語の学びを通じて
中国語圏の文化・社会を理解する。

中国語学科では、専攻言語である中国語の学びを中心に、中国の文化・文学・歴史・思想・社会などを、「中国語・中国文化系」「中国ビジネス系」の2つの系の科目などで専門的に学びます。そして、「専門ゼミナール」での専門研究や、4年間の集大成となる「卒業論文」を通して、より深く専門性を養います。

詳しくみる

中国語と中国の文化・社会を理解するための「2つの系」の学び

「系」とは、基礎的な中国語の学習を終えた2年次から始まる学科独自の専門科目群。中国語を共通の軸とし、どちらの系もその名称に特化した専門性の高い科目を設置しており、自分の志向に合わせてどちらの系からも履修することが可能です。中国語や中国の文化・社会を複眼的に理解してほしいと考えています。

中国語の構造や歴史、
中国の文化、文学、思想を学ぶ

「中国語・中国文化系」

<2~4年次>

中国語を通じて言語ならびに文化に関してより一層深く学ぶための系です。中国語の構造や歴史を学ぶ科目や、中国語の各種検定試験の合格を目標とする科目を設置しているのもこの系の特長です。また、中国の文学や思想を学んだり、中国語圏の文化を比較したりするなど、さまざまな角度から中国語と中国文化に関して専門的に学ぶことができます。

特徴的な科目

中国語学/中国文学/中国思想/中国文化/中国語圏比較文化/中国語演習/中国文化コミュニケーション

ビジネスの分野で求められる
専門知識と中国語を同時に学ぶ

「中国ビジネス系」

<2~4年次>

中国ビジネスで求められる専門的な知識と、ビジネスシーンで使用される中国語を同時に習得していく系です。中国社会の経済や経営を学ぶことで、即戦力となるためのビジネスマインドやスキルを身につけます。また、ビジネス中国語検定試験(BCT)に焦点を合わせた科目も設置しており、より実践的な中国語を学ぶことができます。

特徴的な科目

中国社会経済論/中国ビジネス実践講義/中国語圏地域社会研究/グローバル経営論/ビジネス中国語演習/中・日・英ビジネス表現研究/中国ビジネスコミュニケーション

02

「外国語運用能力」
を高める専修科目

中国語と英語の運用能力を
ビジネスや国際社会で
活かせるレベルに高める。

多くの学生が初めて中国語を学習するため、「専攻言語プログラム」では中国語の運用能力を基礎から鍛え、実践的なレベルまで高めていきます。また、世界共通語である“ 英語”の学習も重視しており、「複言語プログラム」では英語を必修として、高度な運用能力を身につけます。

詳しくみる

日本人教員と中国人教員をバランスよく配置し、
基礎から実践へと段階的な学習を実現する

「専攻言語プログラム」

<1~4年次>

中国語学科では、ほとんどの学生が大学で初めて中国語を学習するため、「専攻言語プログラム」の科目において、日本人教員と中国人教員をバランスよく配置して授業を展開しています。例えば1年次では、日本人教員が日本語でわかりやすく文法を解説し、学んだ文法を使用して中国人教員の授業で会話するなど、繰り返しのなかで日常会話力を身につけていきます。また、2年次からは中国語での“超”少人数授業「PUT(パワーアップチュートリアル)」もスタートし、さまざまなシチュエーションを想定しながら文化、社会、経済などをテーマに、実践的な会話を展開。3年次には留学を経験する学生も多く、帰国後にはより専門的かつ実践的な中国語へとその運用能力を仕上げていきます。

特徴的な科目

中国語(会話・作文)/中国語(講読・文法)/中国語(総合演習)/中国語(パワーアップ・チュートリアル)/中国語(アドバンストPUT)

「英語PUT」を1年次に、
「中国語PUT」を2年次に

英語と中国語の“ダブルPUT”を実施!

学生4人に対して外国人教員1人で行われる“ 超”少人数授業「PUT(パワーアップチュートリアル)」。名古屋外大特有の教育システムのひとつであり、中国語学科では1年次に英語でのPUTを、2年次からは中国語のPUTを開講。ネイティブスピーカーが発する生きた「英語」と「中国語」を通して、語学力の向上とともに、さまざまなモノの見方や考え方に触れることができます。また、その後の中国語圏への長期留学や2~4年次に中国語で行う専門研究に対応する力を養います。

PUT(パワーアップチュートリアル)

03

学科独自の取り組みや
プログラム

海外研修やスピーチコンテストなどの実践を通して中国語運用能力を定着させる。

学科の特性に基づいて実施する「海外研修」では、北京の大学においてインターンシップを含む語学研修を行い、その後の中国語圏への長期留学の下地をつくります。また、学科独自のイベントでは、駐名古屋中国領事らが審査員として参加する「中国語スピーチコンテスト」を実施するなど、中国語の実践の場を豊富に設けています。

詳しくみる

早い段階で中国での生活やインターンシップを経験することで
その後の長期留学に備える

「海外研修」

中国屈指の北京外国語大学にて、中国語の語学研修を行います。また、イオンやキユーピーといった企業でのインターンシップを通して、その後の学科での学びをより深く理解することにつなげます。約1ヵ月間、事前に中国での生活を経験することで、その後の長期留学に備えた力を身につけることができます。

海外研修先(2019年度実績)

北京外国語大学(中国)

全国区の学外大会で上位入賞。
学習成果を実感し、自信をつける

「スピーチコンテスト」

<1~4年次>

中国語で考え、意見を主張できる力を身につけることを目的とし、学外のコンテストへの積極的な参加を促しています。参加学生は中国人教員や中国人留学生からきめ細かい指導とサポートを受けて大会にのぞみます。コンテストには、駐名古屋中国領事が審査員として参加し、中国総領事館賞も設けられており、参加する学生たちのモチベーションは高まります。

過去の実績

日本国際貿易促進協会 京都総局賞/JAL中国語スピーチコンテスト 特別賞/全日本学生中国語弁論大会 京都新聞賞/JALスピーチコンテスト大阪大会 第3位/“江蘇杯”中国語スピーチコンテスト 1等賞/西日本地区中国語歌唱コンクール 第3位

日頃の学習成果を学生自身が実感としてとらえ、目標レベルを具体的に設定しやすくなるよう、中国語学科では学内でスピーチコンテストを実施しています。

留学

名古屋外大で培った中国語で、
世界に挑戦。

中国語圏で現地の文化や生活習慣を体感することは、中国語運用能力を高め、将来のビジネスの場でもあなたの支えになります。

将来

アジアを牽引する存在になろう。

中国語運用能力は、経済大国である中国はもちろんその他のアジア地域、
そして世界の至るところであなたの飛躍の力となります。

内定者からの
メッセージ

伊勢湾海運株式会社

木村 嘉旭さん
<外国語学部 中国語学科>

日本と中国の企業についてリアルな動きや戦略を研究。活気あふれる中国市場で自分の力を試したい。
詳しくはこちら

卒業生からの
メッセージ

株式会社アイシン 勤務

梅村 玲於さん
パワートレイン企画部 調達グループ
<外国語学科 中国語学科 卒>

「部品のための部品」を世界から調達。難しい交渉には、言語を含めた相手国の理解が欠かせません。
詳しくはこちら

取得できる資格

教育職員免許状

- 高等学校教諭一種免許状「中国語」
- 中学校・高等学校教諭一種免許状「英語」
- 小学校教諭二種免許状

教職課程

目標とする資格

中国語検定/HSK/BCT/実用英語技能検定/TOEIC®L&R/TOEFL®/IELTS/国連英検/日商ビジネス英語検定試験/実用フランス語技能検定/TCF/DELF/TEF/ドイツ語技能検定試験/スペイン語技能検定/実用イタリア語技能検定/ロシア語能力検定/ハングル能力検定試験/韓国語能力試験/通関士/貿易実務検定/総合(国内)旅行業務取扱管理者/総合(国内)旅程管理主任者(ツアーコンダクター)/国内・海外旅行地理検定/観光英語検定試験/通訳案内士/翻訳技能認定試験/JTA公認翻訳専門職資格試験/販売士検定/秘書技能検定/日商簿記検定/簿記能力検定試験/基本情報技術者試験/ITパスポート試験/マイクロソフト オフィス スペシャリスト/外務省専門職員/国家公務員/地方公務員 など