NUFS 名古屋外語大学 受験生サイト

01
語学

グローバルビジネス学科だからできる!
語学力の徹底追求

現代のグローバルビジネスシーンで求められるのは、英語を中心とした語学力です。世界中の多様な人と対話し、交渉し、成果に導くための語学力を、基礎から徹底的に学び、実践的な運用能力を身につけます。

英語で考え、英語で発信するための土台をつくる
英語基幹プログラム

英語基幹プログラムは1年次の必修科目です。グローバル社会に求められる一定レベルの英語力を身につけることができます。

  • ALL ENGLISHの“超”少人数授業

    PUT (パワーアップチュートリアル)

  • アカデミックな英語学習の基盤をつくる

    Core English

  • 総合的なリスニング力を育成する

    Listening Comprehension

  • 検定試験の特徴を理解し、勉強法を学ぶ

    TTI (TOEIC® L&R・TOEFL®・IELTS™)

高度な英語運用能力を養う
Skill-Based English Courses

このプログラムには1~2年次に読み書きに重点を置いた「Basic English」と、2年次以降も英語のスキルを継続して伸ばしていく「Step-Up English」があります。これらによって英語力の強化や運用能力の向上をめざし、アカデミックな文章を読み書きする能力や、英語でプレゼンテーションを行う能力を養い、専門分野を英語で学び発信する力を身につけます。

  • 「読む・書く」を重点的に学ぶ

    Basic English

  • 英語運用能力を継続して高める

    Step-Up English

複数の言語の使い手をめざす
複言語プログラム

複数の言語を学び、グローバル社会で活躍できる“マルチリンガル”への入り口として「複言語プログラム」を用意しました。
国連公用語と、アジアを中心に経済発展の著しい国々の12言語をラインナップ。ひとつの言語について初級、中級、上級と複数年にわたって段階的に学習することができます。もちろん興味関心に基づいて複数の言語を受講することもできます。
他言語を学ぶことで、客観的に英語を捉えることができ、さらに言語に対する新たな発見や知識、視点に気づくことができます。

【履修可能な12言語】

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語/ロシア語/中国語/韓国語/インドネシア語/タイ語/アラビア語
※所属している学科の専攻言語は選択できません。

02
経営・経済

グローバルビジネス学科だからできる!
世界規模のビジネスの
学び

英語力をベースにして、グローバルビジネスの現場で活きる学びを展開しています。ビジネスの多様な現場で活躍するためのビジネス実務の専門知識を身につけ、英語力や国際感覚と併せて、ビジネスの課題に向き合う力を養成します。

  • グローバルなビジネスを
    幅広く多角的に理解する

    ビジネス総合

  • ビジネスを実践するために
    必要な学び

    マネジメント・マーケティング

  • ビジネスを支える
    「お金」についての学び

    アカウンティング・ファイナンス

  • データサイエンスから
    AIまで

    ビジネスICT基礎

03
語学と経営・経済の融合

グローバルビジネス学科だからできる!
語学と
世界規模のビジネスが
融合する学び

グローバルビジネス学科では、「英語でビジネスを理解する」という教育方針を掲げているため、培った英語力と、ビジネスの基礎知識が融合する学びを用意しています。語学とビジネスが融合するところに、グローバルビジネスの現場で戦う力が育まれます。

ビジネスで生きる実践的な英語運用能力を培う

Cultivating Business Perception in English

本学科で展開される講義内容について、より具体的に理解し、将来的なキャリアの育成につないでいきます。「Law & Culture」「Service & Communication」「History & Global」「Environment & Development」の4科目では、国際的に展開されているビジネスに求められる基礎知識を身につけられます。「Fundamental Management」「Fundamental Marketing」「Fundamental Accounting」「Fundamental Finance」は、2年次以降に学ぶ「グローバルビジネス科目」の内容を英語で学びます。その他、英語を用いて、プレゼンテーションや論文・レポートの作成方法などを学びます。

英語とビジネスの橋渡しとなる

英書講読科目

グローバルビジネス科目の「マネジメント・マーケティング」「アカウンティング・ファイナンス」には、英書講読科目が設置されています。1・2年次でビジネスに関して身につけたビジネスの基礎知識と英語力をベースに、ビジネスに関する英語文献や英文のニュース、トピックスなどを教材として読み解きます。これによって、より高度な専門知識と共に、専門領域で頻出する英語表現などについて学ぶことができます。グローバルに展開されるビジネスへの深い洞察力を養いつつ、ビジネスに直接結び付く高度で実用的な語学力が身につきます。

企業と連携して課題解決に取り組む

ビジネスプランニング
(PBL:Project Based Learning)

企業が実際に直面する課題を解決するために、学生がビジネスプランニングに取り組む「Project Based Learning(課題解決型学習)」を実施しています。企業と連携して課題解決に取り組む過程で、主体性やチームワークなど社会人として必要な資質と能力を養います。

▶実施テーマ(一例)
  • 2025年大阪万博の企画を考える(ANA総合研究所)
  • ラジオの素晴らしさ・面白さを感じてもらうには?(東海ラジオ)
  • 子どもたちに名鉄セカンドスクールのイベントを知ってもらうには?(名鉄観光) など
経験豊富な学科教員が講義

航空概論・航空産業論

ANAにて客室乗務員(CA)、人材育成、機内サービス企画開発など幅広い業務を担当した経験豊富な学科教員が航空業界について講義をします。CAだけではなく、グランドスタッフや運航管理、企画開発など航空業界で幅広く活躍するための基礎を学びます。
※2023年度には、学科全体で中部国際空港での、空港や航空ビジネスについてフィールドワークを実施(自由選択科目のため全学科の学生が履修可能です)。

海外の大学で入賞した学生も!

ビジネスプランコンテスト

マーケティングやプレゼンテーションなど身につけた知識、スキルを実践するために、さまざまなビジネスプランコンテストへの参加を推奨しています。留学先の大学のコンテストで入賞し、そのアイディアをもとに実際に起業した学生もいます。

ビジネスの醍醐味を追求する

セミナープログラム

「セミナープログラム」は1年次の「ビジネス入門」での学びを踏まえ、2年次の基礎ゼミナール、3・4年次の専門ゼミナールからなっています。「ビジネス入門」も含め、すべて専任教員による少人数クラスでの開講。学生は、「セミナープログラム」に希望する指導教員のもと、自らの専門分野での学びを徹底的にブラッシュアップします。こうした学びを通して、この多様性の世界のなかで自らの道を進む力を培うことができるのです。

▶研究テーマの一例
  • 企業は今後どう変わるか?伸びる企業の要件とは?
  • 学んだ経営戦略をもとにビジネスプランコンテストへ挑戦
  • 社会課題をチームで解決
  • ESG経営
  • International Transfer Price
海外で働くことの意味を知る

海外実習(ワーク・エクスペリエンス研修)

グローバルビジネス学科独自の海外研修プログラムです。オーストラリアのグリフィス大学における3週間の語学研修と、現地のIT企業や法律事務所などでの2週間のインターンシップを組み合わせ、海外で働くことの現実や意味を肌で感じる体験となります。実際にこのプログラムに参加した2人の体験談をご紹介します。

  • Aさん
    インターンシップ先
    SENTRAIAN(IT企業)

    ITという普段の生活とは離れた分野で体験するインターンシップはとても緊張しました。しかし社員は優しい方ばかりで、日本人の私に1つ1つ丁寧に仕事を教えてくれました。また、今回のインターンシップで、コンピューターを使う仕事に興味が湧き、アカウンティングについてもっと深く知りたくなりました。将来のビジネスに対する視野が広がったと思います。

  • Sさん
    インターンシップ先
    CLAYTON UTZ(法律事務所)

    インターンシップ1週目はさまざまな分野の仕事を手伝わせてもらい、多くの発見や驚きがありました。2週目にはClient Managerから指導を受け、より専門的なビジネスに触れることができたと思います。また、多くの社員の方とオンやオフでもコミュニケーションを取ることもでき、語学力にもプラスになりました。この経験を活かして検定や国内インターンにも積極的にチャレンジしていきたいです。

カリキュラム表

TOP