NUFS 名古屋外国語大学 受験生サイト

世界教養学部

国際日本学科

DEPARTMENT OF INTERNATIONAL
JAPANESE STUDIES

日本語と英語の運用能力を強化し、
日本が持つ魅力を世界に発信できる人材をめざす。

日本語と英語で伝える力を高めながら、
日本に関する深い知識と教養、
そして日本語教育などの実践的な技術を習得。
多言語・多文化化が進む日本の将来に貢献できる
人材を育成します。

学びの特色

01

「専門性」
を高める専修科目

日本という国を客観的に捉え、
日本文化の発信力を学ぶ。

国際日本学科では、日本文化全般および日本を軸とする国際文化の基礎・専門知識、そして日本文化の発信力を「世界教養ブリッジ科目」、さらには「国際日本文化コース」「国際日本発信コース」双方のコース科目などで総合的に修得します。そして、「専門ゼミナール」での専門研究や、4年間の集大成となる「卒業論文」を通して、より深く専門性を養います。

詳しくみる

世界と日本のさまざまな教養を広く学び、
2年次から始まる専門的なコース科目に備える

「世界教養ブリッジ科目」

<1年次>

世界教養学部の両学科の特性を活かし、世界と日本を双方向に学ぶことができるブリッジ方式の特別プログラム「世界教養ブリッジ科目」を設置。その主な目的は、「文学・文化・美術・音楽・民族・宗教・政治・経済・歴史」といったさまざまなテーマの教養を1年次に広く学ぶことで、学生に興味・関心を持ってもらうこと。2年次から始まる「コース科目」などの発展的学習において、学生自身が何を探究していきたいかを考えるきっかけとなるプログラムです。

特徴的な科目

世界の文学と文化/世界の美術と音楽/世界の民族と宗教/世界の政治と経済/日本の歴史と文化/国際文化としての日本/日本の政治と経済

どちらかに軸足を置きながら、志向に合わせて選択して学ぶことができる 「コース科目」

「コース科目」とは、2年次から始まる学科独自の専修科目。「世界教養ブリッジ科目」において発見した自分の興味・関心の方向性をもとに、どちらかのコースに軸足を置きながら、自分の志向に合わせて科目を選択して学ぶことができます。

日本の文化・文学・伝統芸能など、
さまざまな視点から日本を見つめ直す

「国際日本文化コース」

<2~3年次>

日本という国を、その歴史、文化、文学、伝統芸能などの異なる視点から客観的に眺め、日本に関する文化的・社会的な知識を深めるコースです。今まで身につけた断片的な知識を整理し、より大きな視点から日本を見つめ直して、専門的な知識を修得します。

特徴的な科目

現代日本の成立/現代日本の文化/日本文学史/日本の生活文化/日本の伝統芸術/現代日本の文学/国際日本文化史/日本語の文体

日本に関する文化的・社会的知識を
日本語または英語で発信する力を養う

「国際日本発信コース」

<2~3年次>

日本に関する深い知識や教養を海外に紹介する能力を身につけるためのコースです。そのため、日本語での高度な口頭能力や文章力の向上はもとより、英語開講の授業を中心に、英語でのプレゼンテーション能力を高めて、世界へ発信する力を総合的に養います。

特徴的な科目

日本の国際イメージ/異文化間コミュニケーション/社会と日本人/日本の英語表象/談話とコミュニケーション/日本語ジャーナリズム/論説・評論/日本観光英語

02

「外国語運用能力」
を高める専修科目

日本語を数ある言語のひとつとして
見つめなおし高度な英語運用能力も
身につける。

国際日本学科では、専攻言語を“日本語”とし、「専門科目群」でその実践的運用能力を高めます。また、世界共通語である“ 英語”学習も重視し、「複言語プログラム」や「専門科目群」を通して、高度な英語運用能力を身につけます。

詳しくみる

専攻言語である日本語とともに、
英語開講科目で英語の運用能力も高めていく

「専門科目群」

国際日本学科では、多くの日本人にとっての母語である日本語の学習が、外国語の学習の成果につながると考えています。そのため、専攻言語を日本語とし、道筋を立てて聞く人がわかりやすい日本語を駆使できるよう、1年次から日本語の高度な口頭運用能力や文章力を養成します。また、世界とのコミュニケーションに欠かせない英語運用能力の強化を図るために、「専門科目群」では英語のみで行う授業や、“翻訳”のように日本語と英語を併用する授業を開講。日本語と英語の2つの言語教育を展開していきます。

特徴的な科目

音声表現/文章表現/日本語概説/日本文化論/日本語と英語/日本論入門/日英トランスレーション/日本語文法入門/日本語のバリエーション/日本語の分析/日本語と社会/日本語史/英語で読む日本文化/プレゼンテーション/日本発信英語

03

学科独自の取り組みや
プログラム

日本語教師の育成を主眼とした、
充実のプログラム。

日本語教師をめざす学生を対象とした学科独自の「日本語教育プログラム」や「日本語教育実習」をはじめ、学科の特性に基づいて実施する「海外研修」を実施しています。また、外国人留学生との定期的な国際交流や、日本の伝統芸能に関する知識を深めるために、能や歌舞伎などを鑑賞する機会も提供しています。

詳しくみる

全国屈指の日本語教員比率を誇る環境で
世界の人々への日本語教授能力を高める

「日本語教育プログラム」

<1~4年次>

日本語・日本文化の専門知識をベースにして、外国人に日本語を教える「日本語教授能力」を高めるために設置された学科独自のプログラムです。担当する日本語教育の教員は、国内並びに海外で日本語を教えたことのある経験豊富な教授陣ばかりで、その数と比率は全国でもトップクラス。他に類を見ない環境で日本語教授法を学ぶことができます。

特徴的な科目

日本語教育方法論/言語教育概論/日本語教授法/言語分析/日本語の構造/言語習得論/日本語教育文法/日本語教育教材論/教室活動/日本語教育実習指導

世界3ヵ国を含む国内外での教育実習で
実践的な知識や技能を身につける

「日本語教育実習」

<3~4年次>

日本語教師をめざす学生を対象とした実践的な科目です。実習先には、韓国、台湾、ベトナムの大学、名古屋外大の国際日本語教育インスティテュート、名古屋市内の日本語学校などがあり、国内外での教育実習の機会は他大学の追随を許さないほど多く、実際に外国人日本語学習者を相手に教壇実習をするため、実践的な知識や技能が身につきます。

海外の日本語教育実習先(2019年度実績)

釜山外国語大学校(韓国)/銘傳大学(台湾)/ハノイ国家大学外国語大学(ベトナム)

留学

留学経験は、
あなたの発信力に磨きをかける。

日本語や日本文化を外国人に対してわかりやすく発信する。留学はそのための絶好の機会です。

将来

卒業後のあなたには
無限の可能性がある。

在学中に身につけた日本語と英語の高度な運用能力と発信力は、幅広い業界・業種で活かすことができます。

内定者からの
メッセージ

株式会社東京ビッグサイト

橘 媛花さん
<外国語学部 日本語学科>
※2019年4月 世界教養学部 国際日本学科に改組

日本と海外の言語や文化と、表現力を鍛えた4年間。多様な国際イベントの会場で日本らしさを発信したい。
詳しくはこちら

卒業生からの
メッセージ

株式会社講談社 勤務

渡辺 響さん
校閲第一部
<外国語学部 日本語学科 卒>
※2019年4月 世界教養学部 国際日本学科に改組

信頼できる出版物を社会にリリースするために。校閲者は、最後の砦となる言葉のプロフェッショナル。
詳しくはこちら

取得できる資格

教育職員免許状

- 中学校・高等学校教諭一種免許状「国語」
- 中学校・高等学校教諭一種免許状「英語」
- 小学校教諭二種免許状

教職課程

目標とする資格

日本語教育能力検定試験/日本語文章能力検定/実用英語技能検定(1級・準1級)/TOEIC®TOEFL®/IELTS/国連英検/日商ビジネス英語検定試験/実用フランス語技能検定/TCF/DELF/TEF/中国語検定/HSK/BCT/ドイツ語技能検定試験/スペイン語技能検定/実用イタリア語技能検定/ロシア語能力検定/ハングル能力検定試験/韓国語能力試験/通関士/貿易実務検定/総合(国内)旅行業務取扱管理者/総合(国内)旅程管理主任者(ツアーコンダクター)/国内・海外旅行地理検定/観光英語検定試験/通訳案内士/翻訳技能認定試験/JTA公認翻訳専門職資格試験/販売士検定/秘書技能検定/日商簿記検定/簿記能力検定試験/基本情報技術者試験/ITパスポート試験/マイクロソフト オフィス スペシャリスト/外務省専門職員/国家公務員/地方公務員 など