NUFS 名古屋外国語大学 受験生サイト

私が名古屋外大を
選んだ理由

2021年度入学生の声

山崎心温さん

「諦めたくない夢」に近づける学びが
ここにあるから。

  • 世界共生学部 世界共生学科1年
  • 山崎 心温さん

ディズニーランドのキャストになることが子どもの頃からの夢。さまざまな国や地域から訪れるすべてのゲストに平等なおもてなしができる人になりたいと考えて、海外の言語や文化を広く学べる名古屋外大を選びました。また、フロリダのウォルトディズニーワールドリゾートで実習ができるUCR特別留学の存在も、キャストをめざす私には大きな魅力でした。高校を卒業した2021年の春には、既にコロナ禍は世界に広がっていました。留学が延期されるなどの制限に見舞われることはわかっていましたが、私はそのために何かを諦めることはしたくありませんでした。事実、制限の中でも学べることはたくさんあります。高校生の皆さんもぜひ自分の思いを大切にして、前向きに挑戦してください。

竹内悠莉さん

ブレることなく、日本語教師の夢にまっすぐ。
そのための選択肢は、名古屋外大しかなかった。

  • 世界教養学部 国際日本学科1年
  • 竹内 悠莉さん

私は日本語教師になります。中学生の時、初めてその職業を知って、以来ずっと変わらない思いを持ち続けてきました。私、ブレないんです。大学も「海外で日本語教師になる」という視点で探しました。英語もしっかりと勉強できて、日本語教育も充分に学べる大学。50冊もの大学パンフレットを取り寄せて、やっと名古屋外大を見つけました。
コロナ禍ですが、オンラインで海外の学生との交流会があったり、海外の方にオンラインで日本語を教えるボランティアも体験できました。ネイティブの先生も多く、このキャンパスには留学と同じくらいの価値があると思っています。
初めて日本語教師という職業を知ってから、今日まで一直線。将来は日本語教師になって、海外の人に日本語や日本文化を知ってもらい、それがさまざまな文化が共生できる社会につながると信じて学び続けたいと思います。

竹内悠莉さん
岩城凛さん

名古屋外大は頑張れる場所を
与えてくれる大学です。

  • 外国語学部 英米語学科 英米語専攻1年
  • 岩城 凛さん

今の私をつくっているのは、高校時代の塾で英語を指導してくれた、当時名古屋外大の学生だった方です。英語がどんどん得意になっていったのも、今こうして名古屋外大で英語教師をめざしているのも、その方への憧れが原点です。
教師になって英語を教えるなら、海外での経験は重要だと考えています。名古屋外大には「留学費用全額支援」制度があり、経済的な心配もなく留学できるのも魅力でした。
コロナ禍の中、オンラインで協定校の学生と交流した時には、思い通りに伝えられない自分の語学力を客観的に自覚することになりました。でも、それがきっかけでもっと上を見て、「さらに勉強しよう。留学にも行こう」という真剣な気持ちになりました。自分が積極的に動けば、多くの先生方や仲間たちが応えてくれる。名古屋外大は頑張れる場所を与えてくれる大学です。

今こそ、長期留学へ。