NUFS 名古屋外語大学 受験生サイト

留学プログラム

2か国留学

複数の国や地域に留学し、
言語や文化の多様性を学ぶ

将来、多言語・多文化社会を生き抜く学生たちに、所属学科の専攻言語や複言語、専門分野に応じて、もっと意欲的にかつ計画的に海外留学に挑戦してほしいと考え、スタンダード留学を組み合わせた「2か国留学」を設置しました。2つの国や地域の留学先において、言語や文化の多様性にふれながら、自身の専門分野を多角的に探究することができます。
※対象言語は英語・フランス語・中国語です。
※学科により選択可能な言語の組み合わせは異なります。

対象学科
全学科
期間
1年〜1年半
「留学費用全額支援」制度対象

プログラム詳細

留学プログラムの特長

  • 1

    2つの異なる文化圏で、社会・文化・宗教などの多様性に直に触れることができる

  • 2

    2つの国や地域それぞれの環境で、多様な外国語に触れることができる

  • 3

    特定のテーマに関する情報を現地で収集することで、比較研究ができる

  • 4

    大学4年間で、日本を含め3つの国や地域で生活することによって、
    多角的な視点と幅広い教養を獲得できる

2か国留学の対象言語は、英語・フランス語・中国語。
学科と言語の組み合わせパターンを選んで、留学モデルを決めよう!

名古屋外大で学んでいる言語や専門分野に合わせて
行き先を選ぶことができる!

モデル①

“1言語2ヵ国”の留学

二国間の比較研究や専攻言語の運用能力向上を目的とする留学モデルです。
※国際日本学科は英語の留学が可能です

留学先例

英語圏の2つの国でアメリカ英語とイギリス英語の違いを直に体感できる留学

1国目アメリカ〈英語〉×2国目イギリス〈英語〉
留学のPoint

1国目のアメリカでは現地学生と一緒に「英語」で学部授業を履修し、専門性を高める
2国目のイギリスでも現地学生と一緒に「英語」で学部授業を履修し、専門性を高める
ともに英語圏であるアメリカ・イギリスの2つの国で、ネイティブの英語に直に触れて、英語の運用能力を磨く
アメリカ英語とイギリス英語の違いを実感し、習得する
世界をリードする、欧米の異なる2つの国の文化、社会、経済を比較研究する

留学先例

英語圏・非英語圏の国々でネイティブとノンネイティブの英語と比較する留学

1国目イギリス〈英語〉×2国目ドイツ〈英語〉
留学のPoint

1国目のイギリスでは現地学生と一緒に「英語」で学部授業を履修し、専門性を高める
2国目のドイツでも現地学生と一緒に「英語」で学部授業を履修し、専門性を高める
イギリスにて、ネイティブの英語に直に触れて、英語の運用能力を磨く
ドイツにて、ノンネイティブの英語に直に触れて、英語の理解に幅と深みが加わる
「複言語プログラム」でドイツ語を履修していれば、ドイツ留学中に日常生活でドイツ語を使用できる
同じヨーロッパ圏の異なる2つの国で、政治や経済、社会などを比較研究できる

モデル②

“2言語2ヵ国”の留学

比較研究と同時に、2つの言語の習得を目的とする留学モデルです。

留学先例

異なる文化圏でありながら同じ言語圏を持つ2つの国で、文化や社会などの多様性に触れる留学

1国目フランス〈フランス語〉×2国目カナダ〈英語〉
留学のPoint

1国目のフランスでは現地学生と一緒に「フランス語」で学部授業を履修し、専門性を高める
2国目のカナダでは現地学生と一緒に「英語」で学部授業を履修し、専門性を高める
フランスにて、ネイティブのフランス語に直に触れて、フランス語の運用能力を磨く
カナダにて、ネイティブの英語に直に触れて、英語の運用能力を磨く
カナダのケベック州(公用語はフランス語)に留学すれば、フランスとケベック州の間の言語や文化の違いを比較研究できる

留学先例

GDP(国内総生産)1位・2位を誇る大国で世界経済の動向を探る留学

1国目中国〈中国語〉×2国目アメリカ〈英語〉
留学のPoint

1国目の中国では現地学生と一緒に「中国語」で学部授業を履修し、専門性を高める
2国目のアメリカでは現地学生と一緒に「英語」で学部授業を履修し、専門性を高める
中国にて、ネイティブの中国語に直に触れて、中国語の運用能力を磨く
アメリカにて、ネイティブの英語に直に触れて、英語の運用能力を磨く
言語も文化も異なる2つの国で、政治や経済、社会などを比較研究できる